医学部に合格するためには予備校通学が必須

学習環境が整っている

生徒

合格へのサポートが充実

医学部予備校では受験生1人1人が志望校に合格できるように熱心に指導し、きめ細かなサポートを徹底しています。その結果、難関医学部に合格者を多数出せば、予備校の大きな宣伝となります。医学部予備校が他の予備校とは大きく異なるのは、圧倒的な授業時間を確保している点です。1コマの授業時間は80〜90分ほどで、1日5コマ程度行うのがスタンダードです。志望する医学部に合格するためには、それだけの勉強時間が必要なのです。浪人生など丸1日時間が使える受験生に対しては、年間の授業時間が1,500時間を超える予備校も少なくありません。もちろんただ授業を行うのではなく、確認テストをその都度実施して理解度を定着させています。予備校で作成したカリキュラムで授業が行われるため、自己管理が苦手な受験生からの評価は高いです。医学部受験は他学部の受験と異なり、面接や小論文の二次試験があるためその対策が必要です。医学予備校では、勉強指導とセットで面接・小論文対策を行います。実績のある予備校では、医学部ごとに対策コースが設けられています。その情報量は素晴らしく、ピンポイントで二次試験対策ができることから、効率良く勉強できると評判です。予備校で空いた時間を有効に活用するために、自習室を利用する受験生が多いです。自習室を朝早くから夜遅くまで開放しているところが多く、しかも個別ブースとなっていることから集中して勉強できます。問題集や参考書を広げるために、スペースを広く取っており快適です。このように医学部予備校には、勉強にしっかり集中できる環境が整っています。

難関校受験の為の指導

生徒と先生

医学部受験においては個別指導が大きな効果を発揮します。これは個々の学習レベルに応じたカリキュラムを設定し受験に向けて徹底的に指導をしてくれるためです。また、小論文や面接の対応法も指導してくれるので万全な準備を整える事が出来ます。

何が出来るのか

白衣の人

医学部の入学試験に特化した対策を受けられるのが専門予備校の特徴です。また大手予備校にも医学部コースがありますが、これは実際には最難関大学コースの更に上という位置付けで、ある程度の学力水準に達している必要があります。それに対し、専門予備校の場合は学力水準は問われません。

学びやすい場所

勉強する学生

個別指導塾は生徒が周りの目を気にせず学べる点で優れた場所です。また講師も生徒の苦手な科目を理解しやすいのです。塚口で個別指導塾に入学する際は、相性の合う講師が在籍している塾を探しましょう。勉強の進捗が良くなります。