医学部に合格するためには予備校通学が必須

何が出来るのか

白衣の人

それぞれの違い

医学部を受験する際に医学部専門予備校に通う人が多くいます。しかし、専門予備校と一般的な大手予備校は何が違うかがわからないという人も沢山いるでしょう。専門予備校の最大の特徴は医学部受験に特化していることです。医学部の入学試験は他の学部とやや出題傾向が異なります。例えば、現代文や英語で出題される問題では医学に関するものや生命倫理に関するものが出題されることがあります。そのため一般的な入学試験対策と異なる対策を行わなければなりません。また医学部の入学試験では面接と小論文が課せられるため、これにも対応する必要があります。このように医学部の入学試験には特殊性があり、これの対策を行えるが専門予備校です。また大手予備校にも医学部用のコースが設けられていることがありますが、これと専門予備校にはどのような違いがあるかを知っておきましょう。この違いを一言で言うならば、受け入れる生徒の幅の違いです。大手予備校の場合は「医学部コース」という名前は付いていますが、実際には「最難関大学コースの更に上」という位置付けになります。そのため、所属する生徒は成績の高い学生が中心で、医学部コースを希望していたが成績が足りずに入ることが出来なかった、ということが起こり得ます。それに対し専門予備校では、医学部を受験する生徒を広く受け入れます。そのため成績が悪かったとしても入ることが可能です。現状はあまり成績が良くないけど挑戦したい、という場合には専門予備校がオススメです。